1. オフィス24 グループ ホーム
  2. 製品・サービス
  3. 2020年、ビジネスフォンのない社会を実現します

2020年、ビジネスフォンのない社会を実現します

オフィス24グループは時代に先駆けてパソコンやスマートフォンが電話機になる
MOT/PBXシリーズをリリースしてまいりました。
現在、スマートフォンの普及が進み、従来のビジネスフォン利用率の減少傾向はますます加速しており、10~20年後、いずれビジネスフォンがなくなる時代がくると考えています。

ビジネスフォンがなくなるには理由があります。

固定電話機利用の減少

固定電話機利用の減少

今、固定電話機をどれだけ使っていますか?昨今はほとんど使われることがないのではないでしょうか。
時代のニーズに合わないビジネスフォン、
デスクにその電話機は必要ですか?

度重なるビジネスフォンの買い替え、
リース組み換えの現状

電話機のリース負担

これまでビジネスフォンは機能が増えるたび、また事業拡大や社員増加等に伴い、買い増したりリースを組み替えたりしていました。
通話料は下がっているのに、リースを組み替えることでリース料は上がっている現状。これをいつまで続けるのでしょうか?

オフィスで不要とされ
廃棄されるビジネスフォン

オフィスで不要とされ廃棄されるビジネスフォン

オフィス等で不要となる固定電話機は、1年間で約400万台。
そのうち部品等が何らかのリサイクル利用されるのは約47.3%のみで、約52.7%が廃棄されています。

オフィスから消えゆくFAX

ワークスタイル変革

インターネットや電子メールの普及に伴い、利用頻度がどんどん減っているFAX。生産台数も13年間で3%にまで減っています。
また、紙・インクの無駄や補充の手間、外出先で確認が取れないなど、今のFAXに不満を抱えていませんか?

オフィス24 MOT/PBXの歩み

2002年よりMOT/PBXは常に進化を続けてきました。
テクノロジーの発展・時代のニーズに合わせ、先進的な機能が加わり、システム全体の強化、通話品質の向上を行ってまいりました。
MOTシリーズには、性能をフルに活用できるアプリケーションが追加され、今後も更に拡充されていきます。
MOT/PBX開発の歴史

MOTがオフィスの常識を変えます。

通話料・転送が無料に!
スマートフォンの内線化
外出先でも社員間の通話、会社の固定電話からの転送料金が無料に。外出先にいてもスマホで会社番号の着信・発信が可能となります。
複数拠点を内線化
SOHOから大規模まで対応
支店や店舗間、あるいは事務所とご自宅を内線化し、拠点間の通話料金を大幅に削減することが可能です。
ペーパーレスFAXでコスト削減
PC、スマホでFAXの送受信が可能。
届いたFAXは外出先でもスマホで即確認できます。
買い替え、リース組み換えが不要
本体のアップデートのみで随時新機能を提供していけるため、買い替え等の費用を抑えることができます。
※保守契約のご加入が必須となります。
MOTについて詳しくはこちら
ビジネスホンの疑問・仕組みを解説します