先輩紹介 | トータルソリューションカンパニー・オフィス24グループの採用サイトです。

先輩紹介
Seinor

「人」に関わること全てが人事の仕事

人事・総務部

小池由莉

Yuri Koike

一番大事な事は「強み」を活かすこと

現在はどんな仕事をされていますか?
よく、「実際、人事って何しているの?」と社内で聞かれることが多いのですが、教育も、採用も、雇用も、給与関係も…「人」に関わることは全て人事が行っています。私も、その一部の仕事をさせていただいています。実は私、入社後2年目でカスタマーサポート部から人事・総務部に異動したのですが、こんなに仕事の内容が幅広いと思っていませんでした。正直、色んな人と関われるので「楽しそうだなぁ」と軽く考えてしまっていたんですが、そんなこと思っていてすみません……ってぐらい、大変です(笑)。社会人人生の大半は仕事しますよね。そんな、人生の中で大きな部分を占める、仕事という時間の活かし方を支援する訳ですから、毎日プレッシャーを感じています。今は、ベテランの先輩方の足でまといにならないように、必死で仕事をしています。
人事の仕事のやりがいはなんです?
それはもちろん、私が面接で関わった方が、入社を決意してくれた時ですね。景気が良くなってきて、他社の採用人数も増えたからか、以前と比べて内定も少しだけ出やすくなってきたと思います。よく、他社様からも内定が出て迷っているという学生さんにお会いします。意外にも、包み隠さずストレートに相談されるんですよね。こちらもストレートに「是非当社に!」って言いたくなるとこなんですが……やはり、私達が責任を持つのは「人」であり、「人生」です。相手の立場になって親身に考えないと、その方の人生が台無しになってしまいます。入社が決まれば、かけがえのない「仲間」になります。仲間の人生を守ることが、人事の役割です。その方が持っている強みに、当社が期待した役割を、しっかり果たしていただけるのかどうか。当社で活躍していただけると思った時は、そのまま伝えます。私の場合は、じっくり理由を伺って悩みを共有することを意識しています。当社のことを伝えるにも、その方にあった伝え方がありますからね。2年前、私も学生として就職活動していました。丁寧なお断りメールも、沢山いただきました。その度に、自分自身の生き方や、自分自身の価値そのものが否定されたようで、何度も悲しくなって、泣きそうになったこともあります。採用という仕事を通して、避けなければならないことは、その方が大切に作り上げてきた「強み」を軽視してしまう事。様々な、経験をされてきて苦労や失敗を、軽々しく評価してはいけません。相手様の粗探しをするのではなく、その方の強みを、当社でどう活かすことができるか。お互い探っていく事が、一番大切なんです。私の責任は、その方の強みが当社で活かせるかどうかを判断してもらうために、当社の説明をしっかりすることだと思っています。その結果、当社を一番適切だと思っていただいた方と、仕事を一緒にさせていただくことが、一番大切だと思っています。結果、その方が選考に進んでくれて、内定が決まって、なおかつ入社を決意してくれた時は、本当に嬉しいです。

人事は、社員の模範となるべき部署

毎日の仕事をする上で心がけていることはありますか?
色んな方々と、コミュニケーションを多くとる事です。元々カスタマーサポート部でお客様先を訪問する、いわゆる外回りをしていたので1日に何人ものお客様とお会いしていました。ですが、人事になってからは、社内の方、身内というか(笑)。「何気ない会話」というよりも「親身な会話」が多くなりました。コミュニケーションを多く取ると、考え方がどんどん変わって目的がブレてしまうことがあるのですが、そこは決してブレないような「会話」を心がけています。
あとは、とことん仕事を楽しむことですね。やはり、人事が仕事を楽しいと思えなかったら、他の社員さんも楽しくできないですよね。人事は社員の模範となるべき部署ですから、どこの部署よりも楽しんでいます。仕事には、与えられた使命を達成するゴールがあり、人事のメンバーはそのゴールがとにかくブレないです。仕事をする上で、解決できない問題にぶち当たる事がよくありますが、不満が溜まっていく事が多いんですけど、ゴールは絶対ブレません。だから、やり方を変えたり、別の手段で解決しようとしたり、みんな前向きなんです。ちゃんとゴールを決めた上で、とことん仕事を楽しむ姿勢。人事の方の考え方、取り組み方、本当に素晴らしいと思います。私も「そういう人になりたい」と 心から思っています。
小池さんのこだわりってなんですか?

「後悔するぐらいならやろう!」ですね。チームの中で、意見が割れたときでも、それを最後にまとめる必要がありますよね。私より10年以上長く勤めている方々ばかりなので、余計な手間をかけさせたくないと思い、何も発言せず黙ってしまう事があります。だけど、後になって「言えばよかった」なんて、後悔するのだけは避けようって思っています。それだと、全く成長できないですよね。私がまだまだ仕事をできないのは、チームメンバーの皆さんは分かっている事です。ここで成長しようとしなかったら、ずっと足を引っ張るままになってしまいます。だから、自分なりに考えがあったら、勇気をもって発言します。「こうしたら良くなる!」って思った訳ですから、何にも言わないのは、あまりに無責任過ぎますよね。もちろん、私の考えた事はまだまだ未熟な事が多いです。なので、私の発言に対して色々な方の考えを聞きたいんです。結果、こんな新人に意見を言える場を作っていただいて、人事の方々には本当に感謝しています。

今、この瞬間の適材適所。それが、私が活かすべき道。

今後の目標は?
私の目標は、オフィス24で働いている社員の方々の、今の私にしかできない「聞き手役」になることです。働きにくいと感じている社員の方は、以前に比べると、とても少なくなりました。ただ、まだまだ問題点は残っているし、今後、新しい問題も出てきます。それをいち早く察知して、少しでも働きやすい環境を維持したいです。「人事だから言いにくい」とか、そういった先入観がある方も多くいるのですが、だからこそ、入社して間もない私が、聞き手役として上手く立ち回れれば、もっといろんな問題が発見できると思っています。「2年目で人事ってどうですか?」って学生の方にも、社員の方にも聞かれるのですが、ぶっちゃけ大変です。ですが、会社が良くなっていく姿を目の前で見る事が出来るので、すごくやりがいに感じます。社是に「事業は人なり、人を活かす道こそ事業なり」とあるんですが、「人を活かすための人事」。私自身、失敗が続くと、人事でよかったのか不安になることもあります。でも、今考えれば、自然と自分の役割が、私自身でわかってくる。それこそが適材適所なんだと思います。今の私の役割は、新人という目線から、働きにくい事を発見して、それを解決していくことです。自分の役割の中で、今、この瞬間でしかできない、私なりの、適材適所を考えて、私自身を活かす道を切り開いていきたいです。
PAGE TOP