先輩紹介 | トータルソリューションカンパニー・オフィス24グループの採用サイトです。

先輩紹介
Seinor

  1. ホーム
  2. 先輩紹介
  3. 山崎愛咲美

好きなことが、仕事になる

広報室

山崎愛咲美

Asami Yamazaki

現在のお仕事内容を教えて下さい。
広報室という部署として、もっと使いやすいと感じていただけるような製品をデザインしていくのが私の仕事です。現在は、主にスマートフォンやPCで利用できる自社製品のアプリケーションのデザインや、ソフトウェアのデザイン、製品の外観デザインなどを担当しています。アプリの顔となるアイコンや、アプリの中のコンテンツや配置、カラーリングやUIなどを研究し作成しています。普段会社にいると、どうしても実際に使ってくださるお客様の「声」を聞くことは難しいので、営業担当やお客様サポートしている部署の方々から間接的に情報をいただき、デザインに反映させたりしています。
山崎さんのお仕事のやりがいはなんですか?
製品の開発者目線・利用者目線でデザインを考え、実際に反映させていくのは私にしかできないことだと思います。なので、常に着手することには責任感を感じています。そうして出来上がった製品を手に取ったお客様から「前より使いやすくなった」「これなら使いたい」といったご意見をいただけたときが、特にやりがいを感じます。自分の関係した製品には、なにか一種の母性を感じているのかもしれません(笑)。私自身まだまだ駆け出しのひよっこなのですが、有難いことに周囲の方々からは様々な企画のデザインを依頼していただいています。以前、他社でデザインの依頼をしていた案件を私が取り扱うこととなり、完成した後に「山崎さんのデザイン素晴らしいよ」とお褒めの言葉をいただけたときは、とてもうれしく思いました。製品をデザインする中で、私のデザインが必要とされているということが次のやる気にもつながり、ますますこの仕事が好きになりました。
オフィス24に入社した理由を教えて下さい。
就職活動を通し様々な情報を得る中で、オフィス24は特別専門的な事業範囲が広く、個性を活かした事業の進め方をする会社だと感じました。そして何より、チームワークのとれた熱意のある方々が多いと感じたのも魅力の一つでした。私自身も、向上心を持ち個性を活かして仕事がしたいという意識があったので、自分の可能性を見出せそうなオフィス24に入社を決意しました。元々私は、営業になりたかったのです。なぜ営業になりたかったのかというと「型にとらわれた人間にはなりたくない」「個性と信念を持ってお客様に接する仕事がしたい」と思っていたからです。自分自身を見てもらい、自分自身の言葉で製品の魅力を伝えたいという気持ちが強かったので、様々な職種がある中で営業職を志望し入社しました。
これまでのキャリアを教えて下さい。
2014年に新入社員として入社し、研修期間中に私のデザインの実力を認められ、営業ではなくシステム部へと配属。現在は広報室として、既存製品や新製品のデザインをメインに、サイトでの広告やポスターやチラシの作成などさまざまなデザインの担当をしています。最近では、社内でよい評判をいただき、子会社の方々にも依頼していただけるようにもなりました。デザイン以外にもアプリのコンテンツとしてイラストを作成するなど、少しずつではありますが担当するデザインの幅も広がってきていると感じています。
今後の目標はありますか?
「基本を忘れないこと」です。デザインの仕事をする中で、反省すべきことが過去にありました。時間に追われ無我夢中になり一人で作業をこなそうとするあまり、他の業務が疎かになったり、納期に間に合わないといった事態が発生してしまいました。周囲にもっと相談して、チームワークを意識して行うべきであったと思います。期待されているから、「頑張らないと」と頑張るうちに足手まといになってしまうようでは、自分のためにもならず、結果も出せません。
社会人になって意識していたはずの「ホウレンソウ」が、この一件でできていなかったことを痛感したので、できていた気にならずに基本的なことから、仕事につなげていかなくてはいけないなと肝に銘じました。
就職活動のアドバイスをお願いします。
視野を広く持つことが大切だと思います。自分の得意なことだけでなく、新しいことに挑戦してみたり。物の見え方にとらわれないこと。ものの見方が変われば、自分の意思もはっきりしていきます。そして常に、自信を持つこと、謙虚さを忘れないこと。
たくさんありますが、自分の行動に自信を持てる人は信頼を得られやすくなります。
就職活動のためではなく、自分の質を高めるために、日々意識して視野を広げてみることが大切だと思います。
PAGE TOP