オフィスセーフティシステム OSS24

OSS24(オフィスセーフティシステム)とは…?

OSS24(オフィスセーフティシステム)

OSS24(オフィスセーフティシステム)とは、入退室管理、映像監視、センサー監視のそれぞれの特徴と機能を併せ持つ自主防犯型システムです。
委託セキュリティシステムとは異なり、「自分のオフィスは自分で守る」という自主防犯意識とOSS24による二重ガードにより、オフィスの安全・セーフティ機能を強化します。

OSS24パンフレット(PDF 994KB)

OSS24の特徴

  1. 入退室管理

    01入退室管理

    ネットワークでドア(扉)1枚から最大10枚のドア(扉)を一元管理

    リーダ部と制御部をペアとしたシンプル構成により、ドア1枚からの設置が可能で、中小規模オフィスに経済的なシステム構築を実現。
    ICチップ搭載カードにて入退室管理を行い、OSS24本体との接続で入退室履歴の確認が可能。

    • ドアの形状や設置環境により、取り付けられない場合があります。
  2. 映像録画と動体検知

    02映像録画と動体検知

    ネットワークカメラから映し出す映像をリアルタイムで録画が可能

    ネットワークカメラからOSS24本体への映像録画が可能。通常録画からスケジュール録画などができ、また「動体検知」機能を使えば、予め範囲指定した箇所に動きがあった場合に録画開始したり、画像を携帯端末等にメール通知することができます。

    • メール通知するにはインターネット環境が必要です。
  3. カメラ操作と遠隔操作

    03カメラ操作と遠隔操作

    バリエーション豊富な対応カメラとインターネット連携でゼロ距離マネージメント

    対応カメラの動作範囲にて、パン(左右)・チルト(上下)・ズーム操作ができます。インターネットに繋がる環境があれば遠隔地からも映像確認はもちろん、カメラ操作や録画検索ができ、距離を感じることなく映像監視が可能です。

    • 遠隔操作ができるスマートフォンおよびカメラ機種は限られますのでお問い合せ下さい。
  4. センサー検知と警報・通知

    04センサー検知(カメラ連動※)と警報・通知

    センサー検知による侵入警報とカメラを自動操作

    パッシブ、マグネット、赤外線センサーなどの外部センサー検知時に、監視カメラを指定の箇所へ自動で動かすことができます。また警報ブザーなどの威嚇装置を使って退散させたり、電話回線などを使って管理者に侵入を知らせることができます。

    • カメラ連動は2方向または2台まで設定可能です。

レイアウト参考イメージ

レイアウト参考イメージ

当社ではレイアウト設計も承っております。
移転やレイアウト変更に伴うOSS24設置の場合は、是非ご相談ください。