セキュリティ対策(UTM、マイナンバー)

マイナンバー制度とは

マイナンバー制度とは「社会保障・税番号制度」のことです。
国民一人ひとりに12桁の個人番号、法人には13桁の法人番号を配布することで、
行政の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための仕組みです。

必要なセキュリティ対策とは

マイナンバーは多くの個人情報が詰まっています。
企業では官庁への提出書類や様々な業務で従業員のマイナンバーを取り扱うことになります。
情報漏えいなどが発覚した場合、信用の失墜、企業イメージの低下、損害賠償等、今まで以上のリスクを抱えています。
企業でも今まで以上のセキィリティ対策が求められています。
オフィス24では、マイナンバー施行に伴うセキュリティ対策に最適な商品をご紹介しています。

マイナンバー制度対策のトータルセキュリティ

「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」に沿った以下の対策を提供・サポートします。

  • 「技術的安全管理措置」と「物理的安全管理措置」の二つのセキュリティ対策が必要です。
マイナンバー制度対策のトータルセキュリティ

UTMアプライアンス

ビジネスの最前線に最適な総合脅威管理アプライアンス

オフィスネットワーク機器

マイナンバー制度のスタートに伴い、更に厳格な特定個人情報の管理が求められています。
巧妙化するセキュリティの脅威に対して、ファイアウォール中心の標準的な対策から、次は企業や組織のネットワークセキュリティ対策に求められるさまざまな機能を統合した対応が必要となってきます。
FortiGateはインターネットの出入り口として、ウイルス/スパイウェア対策、スパム対策、アプリケーション可視化と制御、Webフィルタリングから無線LANコントローラや仮想UTMまで、フルラインのセキュリティ機能とネットワーク機能をすべて1台の製品に統合しています。

マイナンバー管理システム

特定個人情報の取扱いガイドラインに準拠した、安全性の高いマイナンバー管理を実現します。

MJSマイナンバー

主な機能

  • マイナンバー番号の登録、修正、削除、照会
  • 閲覧権限の設定機能
  • アクセス履歴管理機能
  • 履歴の印刷機能
  • 退職者情報削除アラート機能
  • 各種履歴の照会機能 など

VSSⅢ(VALTEC Safety System)

入退室管理/映像監視/センサー監視のそれぞれの特徴と機能を併せ持つ自主防犯管理型システムです

VSSⅢ