ブログ

増加するセルフ脱毛サロン、無人での24時間営業を実現するシステム

増加するセルフ脱毛サロン、無人での24時間営業を実現するシステム

コロナ禍で営業停止を余儀なくされたエステや脱毛サロン。Withコロナ時代の新しい営業形態として、「セルフサロン」や「無人脱毛サロン」が人気を集めています。当記事では、セルフ脱毛サロンの市場拡大の理由や今後の予測、24時間無人運営を実現する施設予約システムをご紹介します。

コンテンツの目次
  1. エステティック業界の市場動向
  2. 好調な脱毛サロン市場
  3. 注目を集める「セルフ脱毛サロン」
  4. 24時間無人運営を可能にするシステム

1. エステティック業界の市場動向

近年の市場動向・コロナの影響

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2020年度のエステティックサロン市場規模は事業者売上高ベースで3,436億円でした。そのうち、800億円超が脱毛サロンでの売り上げといわれています。エステティックサロン市場は近年横ばい状態が続いていましたが、2020年度は緊急事態宣言の影響で業態・規模を問わず多くのサロンが店舗の営業休止を余儀なくされたこともあり、前年度比94.7%と大幅に縮小しました。

今後の市場動向・予測

2021年度のエステティックサロン市場規模は、事業者売上高ベースで3,480億円と、前年度比101.3%と予測されています。新型コロナウイルスの収束見通しが立たないため限定的な条件に基づくものの、回復基調と予測されています。

人々の自粛疲れが顕著であることから、感染防止策がとられていることや個室での施術が主流であることもあり、癒しを求める来店客を中心に客足が戻っている状況です。コロナ前の水準には満たないものの、最悪の状況ではないと言え、ユーザーにとっては、人との接触を極力回避した自粛生活上での楽しみとしての役割をエステティックサロンが担うと予測されています。

2. 好調な脱毛サロン市場

売り上げ好調の理由

売上高800億円を超える成長産業である脱毛市場。市場拡大を続ける背景には以下のような理由が挙げられます。

好調の理由① 高い需要
日本人女性の73%がムダ毛に悩み、その年齢層は10代~50代と幅広い事が調査で判明しています。ニーズは今後も拡大すると予測されており、低年齢層の女性や男性向けの脱毛機器・サロンも急増しています。

好調の理由② 技術や資格が不要であること
脱毛の施術を行うために必要な資格や技術はないため、短期間で一人前のエステティシャンになることができます。そのため人件費を最小限に抑えることが可能です。

好調の理由③ 低価格化
数年前までは、100万円前後が相場であった全身脱毛。最近では20~30万円程度に料金が下がったことから、気軽に脱毛サロンに通う女性が増加しました。「低価格・高品質」を掲げ、消費者ニーズに答えている脱毛サロンが業績を伸ばしています。

注目されているトピック

顧客層の拡大
幅広い年代の女性の需要が高い脱毛市場ですが、今後はその顧客層がさらに拡大すると考えられています。水泳やダンス・バレエなど露出の多い衣装の習い事をする子どもや、2020年からのトレンドでもある男性の美意識向上による男性脱毛のニーズも急増しており、老若男女問わず、脱毛はエチケット化されると推測されています。

サロン形態の多様化
レーザー脱毛や光脱毛、電気脱毛など、脱毛機器にも様々な種類があります。さらに、近年では特別な技術を持たない人でも安全に施術ができる機器が増加したことから、顧客自身が施術を行う「セルフ脱毛サロン」や自宅で使用可能な脱毛機器が人気を集めています。コロナ禍で人との接触を減らしていることや、サロンに通う必要がないため全国どこでも脱毛ができることから、市場を拡大していくと考えられています。

3. 注目を集める「セルフ脱毛サロン」

コロナ禍で最も注目を集めているのが、「セルフ脱毛サロン」です。これまでセルフエステと言えば家庭用の美容機器を使って自宅でケアする形態が一般的でしたが、数年前から業務用の美容機器を店頭で貸し出す形態が増加、爆発的な流行となっています。

セルフ脱毛サロンのメリット

セルフ脱毛サロン「CLEVY」を経営する株式会社feileBは、セルフ脱毛サロンは現代の美容・医療脱毛業界が抱える問題である<過剰なセールス><不明瞭な価格><予約の取りづらさ>を解決するといいます。
実際に、消費者庁の調査では「エステティックサービス」に関する相談件数のうち10代、20代の女性では「脱毛エステ」が最も多く、「脱毛エステを中途解約したが、店が色々なことを理由に精算金を返金しない」等の契約に関するトラブルが後を絶たない状況であることが分かっています。

そのため、セルフ脱毛サロン「CLEVY」では、需要が高い若年齢層が安心して通うため「明朗会計」「低価格・高品質」「通い放題」という3つの要素を実現しているといいます。無人店舗では過剰なセールスに困ることもなく、人件費を削減することで低価格・高品質のサービス提供を可能に。さらに月額制・通い放題の明朗会計により、契約に関するトラブルを減らす取り組みを行っています。

セルフ脱毛サロン拡大の理由

セルフ脱毛サロン増加の背景には、以下のような理由が挙げられます。

拡大の理由① エステティシャンの人材不足
労働人口が低下していることから、エステティック業界に限らず人材不足に陥っている企業が多く存在します。特に都心部でOL層をターゲットにしている脱毛サロンでは、平日の夜や土日に予約が集中するため、一度に大勢の施術が可能なセルフ脱毛サロンは人気を集めています。

拡大の理由② 低価格で高品質な機械の登場
セルフエステや脱毛は、一昔前まではエステティシャンの技術ありきでのビジネスでした。しかし、機械の進化が進み、低価格で品質の良い機械が複数登場したことで、初めて使用する方でもトラブルなく結果がだせる機械が増えたこともあり、エステや脱毛のセルフ化が進んでいます。

拡大の理由③ 異業種の参入による認知度向上
異業種からの参入により、「セルフエステ」の認知度が飛躍的に向上したことが大きな影響を与えました。従来のエステ業界では、ある程度の設備投資と広告費で顧客を集めていたため、大きな資本投資をすることはリスクになると考えられていました。そのためセルフエステの存在自体が一般的には知られていませんでしたが、「じぶんdeエステ」が認知拡大に広告費をかけたことをきっかけに、セルフエステ・脱毛の認知度が格段に上がりました。安く高品質なサービスを求める若年層からの注目を集めたことから、近年のセルフエステ・脱毛サロンの流行につながっています。

セルフ脱毛サロン今後の予測

人気を集めるセルフ脱毛サロンですが、今後、全国的な広がりはあまり期待できないと考えられています。

セルフエステ自体が先行投資で機械の台数をそろえるのにコストがかかる点や、広告集客の費用対効果の高い都市部では広がりを見せていますが、地方での成長があまり期待できないと考えられているためです。利用者の傾向としても働き盛りのOLの利用率が最も高いため、郊外で年配の方をターゲットにするのは難しいでしょう。機械を使いこなす必要もあるため、現状では高齢化が進む郊外では、あまり受け入れられないビジネスと考えられています。

ただし、今後も他業界からの参入は進むと見られ、戦略次第ではさらに成長が見込めるビジネススキームといわれています。

代表的なセルフ脱毛サロンを経営する企業

CLEVY
セルフ脱毛サロン ハイジ
完全無人24時間セルフ脱毛サロン アーデルハイド


4. 24時間無人運営を可能にするシステム

「人に会わずに施術ができる」「24時間いつでも脱毛が可能」といった柔軟性を売りにしているセルフ脱毛サロンでは、人件費を抑えつつ安全に24時間営業を実現するシステムが必要です。

スマホ1台で完結する予約・解錠システム

弊社が提供する施設予約システムでは、スマートフォン1台で施設の予約~解錠までを行うことが可能です。手動で受付や入退室の管理をする必要がなくなり、無人施設でも安全に運営することができます。



特長① 会員はスマートフォンアプリでエントランス解錠が可能
ウェブサイトからサロン内の個室・ブースの予約を登録。入室時にはQRコードで解錠を行うため、予約者以外が入室することはできません。若年層・女性の利用が多く、安全性が重要なサロン運営に適した設計です。

特長② カードや鍵は不要、紛失のリスクや発行費用を削減
予約~解錠までスマートフォンで完結、会員ごとの利用制限も行えるため、会員カードや鍵は一切必要ありません。紛失のリスクを減らすだけでなく、利用者が持つ鍵を管理する手間を省いたり、お試しでサロンを利用したいユーザーが気軽に利用できたりといった効果があります。
→店舗無人化システムについて詳しく知りたい方はこちら

5. 参考

・消費者庁「平成29年版消費者白書 第1部 第3章 第2節(2)若者に多い消費者問題」
・株式会社矢野経済研究所「エステティックサロン市場に関する調査を実施(2020年)」
・株式会社NBS「脱毛ビジネスについて」
・株式会社リジョブ moreリジョブBeauty「2019 エステサロン業界最新動向」
・株式会社feileB「コロナ禍に対応 プロによる施術をスポット利用できるセルフ脱毛サロン「CLEVY(クレビー)」が新宿にOPEN」


店舗無人化システムの詳細はこちら
WEB商談・資料請求・お問合せはこちら


日付: 2021/05/25