ワーケーション施設に求められる設備とは?企業のニーズに応えるポイント

ワーケーション施設に求められる設備とは?企業のニーズに応えるポイント

近年、ワーケーション施設をオープンする自治体が増えてきています。ワーケーションを行う人たちが宿泊施設や飲食店などを利用することで、観光収入が増えたり、地域の魅力を発信したりできます。
また、ワーケーションを通じて地域と関わる人たちが増えることで、関係人口や移住者が増えたり、域外企業との連携が生まれたりする可能性もあるためです。今回は、ワーケーション施設に求められる設備と企業のニーズに応えるポイントをテーマに説明したいと思います。

コンテンツの目次
  1. ワーケーション施設に必要な設備とは
  2. 一気通貫で提供可能

ワーケーション施設に必要な設備とは?

ワーケーション施設に必要な設備とは何でしょうか?
大きく分けると、
1)安定したWi-Fi環境
2)電源コンセントやデスクやチェアを完備した作業スペース
3)セキュリティ対策
4)コミュニケーションツール
となります。

ワーケーションを行う人は、仕事だけでなく休暇も楽しみにしてくる場合が多いです。集中して仕事を行える環境。そして、余暇を楽しめる環境が整っていることが重要です。
インターネット環境が整っていることは非常に大切です。電波が弱く、回線も遅ければ仕事になりません。PCを始め多くのIT機器を使うにあたり電源コンセントが無ければ仕事になりませんよね。遠隔地にいる社員とWEB会議を行えるようWEB会議システムやスピーカーなどを用意しておくことも評価の対象となりますので準備しましょう。
更に、デスクや椅子なども必要となりますが、会社と同じような机や椅子ではわざわざワーケーションに来る意味がありません。仕事場とは違った雰囲気のスペースを提供することで、普段とは違った雰囲気、環境で仕事を行うことで作業効率をアップ上げます。

ワーケーションを実施する際、企業が一番心配する点がセキィリティ面です。企業秘密や個人情報が洩れてしまうことを恐れるからです。リモートアクセス環境の準備や、作業スペースを工夫して情報を盗み見できないような環境作りを行いましょう。

以上がワーケーション施設に求められる設備と企業のニーズに応えるポイントです。これらを満たすことで、利用者は仕事だけでなく休暇も満足な結果を得ることができます。

一気通貫で提供可能

自治体でワーケーション施設を作ることは、国の補助金や助成金の活用も含めメリットがあります。
しかし、IT機器を揃えたり、家具や設備を揃えるのに多くの民間企業に相談しないとならないと感じたりしていませんか?

株式会社バルテックでは、IT機器の準備から家具・デスク・チェアの準備・セキュリティ対策まで全てのご相談をバルテック1社で行うことが可能です。

コミュニケーションツール コミュニケーションツール

https://www.mot-net.com/mottel


デスク、チェアなどのオフィスデザイン コミュニケーションツール

https://www.odesign.jp/


セキュリティ セキュリティ

https://www.v-warp.com/





ワーケーション施設の構築はバルテックにお任せください。もしご興味がございましたらお気軽にご相談ください。ご相談は無料です。
官公庁・自治体への提案している商材一覧や事例などは官公庁・自治体ページをご覧ください。

また、調査段階や導入するかどうかも決まっていなくてもお気軽にお問い合わせください。

官公庁・自治体専門担当へ相談してみる


日付: 2023/06/06
カテゴリー: 官公庁・自治体
『電子帳簿保存法 改正の解説と対策ガイド』 資料ダウンロード

VALTECノートパソコン