【徹底比較】固定資産管理システム15選!選び方や違いのポイントも解説

【徹底比較】-固定資産管理システム15選-選定のポイントも解説

固定資産管理システムとは、固定資産の減価償却計算、固定資産税の申告手続きといった業務を一元管理し効率化するシステムです。
固定資産は時間と共に価値が変化するため、固定資産のリアルタイムの情報を正確に把握することが必要です。
会計システムや基幹システムと連携し、企業の固定資産管理状況を一目で把握できるものもあります。

この記事では、人気の固定資産管理システムを比較し、選定ポイントも紹介します。

固定資産とは

固定資産とは下記のように事業を行う上で投資目的や長年保有する資産のことで1年を超える長期にわたって使用するものをいいます。

・企業が1年以上の長期に渡って保有する資産
事業活動を円滑にするために使用するもの。使用期間が1年未満なら「消耗品」などに該当する。

・一定額以上(10万円以上)の資産
10万円以上のもの。10万円未満のものは費用計上する。

・販売目的ではない自社内で使用する資産
自社内で使用するもの。


固定資産管理システムのメリット

固定資産管理システムのメリット

固定資産管理をシステム化すれば、さまざまなメリットが得られます。

数が増えてしまった固定資産の一元管理

固定資産管理システムを利用すると、企業内の固定資産を一元管理できます。
システム上で固定資産情報が一元管理されると情報検索がしやすく、各固定資産の現状を簡単に把握することができます。

全国各地に支社や子会社がある企業においては非常にメリットが生きてくるでしょう。



最新の税法・会計基準に対応して算出

税務・会計では償却方法や耐用年数などがあり、算出がとても複雑ですが、固定資産システムを利用すると入力するだけで、簡単に減価償却費などを算出できます。

リース資産の減価償却も自動的に計算してくれるのもあるのでとても便利です。

また、 ほとんどの固定資産管理システムは、最新の税法や会計基準にも対応しているので、各企業に合った方法で処理で最新の会計基準に合わせること可能です。

入力時の人為的ミスや単純な計算のミスが大幅に減り、人員も削減、担当者の負担も減少します。



固定資産が適切に使用できる

固定資産の数が多いと管理が行き届かない部分が出てきてしまうこともありますが、システムを使うことで適切に管理できます。

固定資産は企業の活動を円滑にするためのものなので、本意ではない使用は認められませんし、全てを有効に活用できなければ無駄が発生してしまいます。
そのため、無駄なコストをかけないためにも固定資産をきちんと管理するようにしましょう。



固定資産税を無駄なく管理、節税ができる

固定資産には固定資産税が課されますが、不要な固定資産をそのまま持っているとその分余計な税金を支払わなければいけなません。

固定資産を正確に管理することで、不要な固定資産が見えてくるので除去や廃棄を行い、無駄は支出を減らして節税の効果が得られる ようになります。



固定資産管理システムの選定ポイント

固定資産管理システムの選定ポイント

ひとくちに固定資産管理システムといっても、その種類はさまざまです。自社に合った固定資産管理システムを選ぶには何に注目すべきでしょうか。

システムの提供形態

固定資産管理システムの提供形態はオンプレミスかクラウドに分けられます。

オンプレミス型は自社にサーバを構築するので、初期コストが比較的高額で、IT要員が必要です。自社で保守管理する必要があります。また、セキュリティ面は安心です。

クラウド型はインターネットを経由してシステムを利用するので導入にかかる費用や時間を抑えられます。
保守管理もすべてベンダーが行うため、IT要員は必要がありません。
一方で、料金プランは月額など、継続的にかかるプランが多く、結果によっては割高になる可能性が高いです。
外部にデータを預けることになるのでセキュリティ面で不安に感じる部分もあるでしょう。


利用形態

固定資産管理システムは大きく分けて3つの利用形態に分けられます。

・ERP系
ERPとは「統合基幹業務システム」のことであり、さまざまな業務システムが統合され、組織全体のデータを一元管理することで業務効率化を図るシステムです。
固定資産管理機能はその中に一部になります。

・会計システム系
会計システムに、固定資産管理機能が搭載されています。
ERP系同様、あくまでも一部の機能として搭載されているため、固定資産管理システムとしては柔軟ではない部分がある事もあります。

・単独システム系
単独システム系は固定資産管理機能に特化し柔軟に対応してくれるので、使い勝手が良く、導入コストを最低限に抑えることが可能。固定資産管理に関連するあらゆる業務を網羅しています。
会計システムや物品管理システムとの連携ができると、業務の効率化を目指せます。


データ保存量

税務・会計監査において情報の開示を求められた際は、固定資産管理情報をすみやかに開示する必要があります。過去数年分の固定資産管理情報を必ず準備しておかなければなりません。
システムによってはデータの保存量が少なく、過去のデータをすべて保存できない場合があります。データの長期保管に対応している製品がおすすめです。


固定資産管理システムおすすめ15選

MOT/HG 固定資産管理システム

MOT/HG固定資産管理システム

出典:MOT/HG HP

MOT/HGとはクラウド電話「MOT/TEL(モッテル)」の契約で、無料オプションとして利用できる人事総務システムです。
MOT/HGなら人事・総務の仕事がスマホでも完結でき、採用、雇用契約、各種申請、届出業務を大幅削減できます。

MOT/HGは人事・総務だけなく、 不動産管理や資産管理などの固定資産の管理も可能。棚卸もアラート通知や、棚卸後の総務担当者への引継ぎから申請、棚卸確定、固定資産台帳登録まで可能です。
不動産物件情報、入居~契約更新~退去情報を管理、不動産に付随する保険情報もカンタン登録。契約更新・解約等をアラートで通知します。
しかも、固定資産管理を利用しても利用料金については、無料オプション範囲内のため、追加費用はかかりません
固定資産管理を導入したいが、追加費用をかけたくない企業や現在、固定資産管理のソフトに年額多くの料金を払っている企業は比較検討をする余地があります。

【特徴】
・クラウド電話MOT/TELの契約で付属、採用から退職までの手続きを自動化
・不動産物件情報を中心に、入居~契約更新~退去情報を管理
・不動産に付随する保険情報もカンタン登録
・PCや複合機等の資産を中心に購入・レンタル・リース情報を管理
・拠点棚卸担当者が固定資産台帳をカンタン登録



固定資産奉行クラウド

固定資産奉行クラウドは制度改正に強い固定資産システムです。
新旧定率法/定額法、三年一括償却、繰延資産、少額資産、非償却資産などの償却方法に対応していて、保有している資産の情報を一元的に管理できます。また、複数帳簿の保持や複雑な会計処理も可能です。
最新の税制や制度改正にも迅速に対応しているので、これから固定資産の業務を行う上でも安心です。
また、固定資産にかかる現物の写真や書類データを無制限にクラウド保管することが可能であり、除却時に自社にあった償却額の計上方法を選択でき、資産の所在や購入先を詳細に管理できます。
圧縮記帳にも対応しています。

【特徴】
・固定資産・リース資産に関わる業務を強力にサポート
・資産の取得から除去までの情報を一元的に管理
・上場企業やIFRS適用企業に求められる業務が的確に行える
・制度改正を含むあらゆる環境変化に対応するので安心
・税制で求められる様々な償却方法に対応

料金
年額50000円~



出典:固定資産奉行クラウドHP

OBIC7固定資産管理システム

OBIC7の固定資産管理システムは、固定資産の業務を助ける様々な機能のほかに、日本基準とIFRSのダブルスタンダードにいち早く対応した固定資産管理システム。
固定資産管理機能として、台帳登録から分割・売却・除却・移動・休止・資本的支出などの異動管理、減価償却計算、減損処理、資産除去債務管理、法人税(別表十六)・固定資産税申告書作成に至るまで、総合的な管理が可能です。
さらに、オプションとしてリース資産に関する機能や建物仮勘定の機能もあり、様々な状況に柔軟に対応します。
定期的にセミナーを開催しているので、将来的にIFRSへの対応を検討している企業におすすめです。

【特徴】
・会計との一体運用で、固定資産管理を総合的に管理
・建設仮勘定やリース資産管理、減損処理にも柔軟に対応
・不動産や工事取引など関連業務ともスムーズなデータ連携を実現
・IFRSの基準に対応

出典:OBIC7固定資産管理システム HP



FAManager

FAManagerは税務と会計のシステム開発に強みのあるTKCが提供しているクラウド型の固定資産管理システムです。
固定資産の登録・会計処理・税務申告まで一気通貫で対応できます。データ連携することにより、入力作業も簡易化しています。
固定資産の登録・管理といった基本機能はもちろん、リース会計、減損会計、資産除去債務の処理機能も標準搭載。 定期的なアップデートにより制度の改正にも対応可能、安全なクラウドサービスで資産を一元管理できます。
また、TKC全国会に加盟する税理士・公認会計士によるシステム導入・運用サポートしてもらうことも可能です。
シミュレーション機能では設備投資計画、制度変更などに伴う償却シミュレーションもでき、予算策定などのシミュレーションに役立てる事ができます。
固定資産データについては、資産登録またはファイル読込から登録することで、同時に固定資産台帳を自動作成することが可能です。

【特徴】
・税理士、公認会計士によるサポート
・データ連携による作業の簡易化
・資産管理に関する多彩な機能
・固定資産台帳を自動作成できる

出典:FAManager HP



ProPlus固定資産システム

ProPlus固定資産システムは固定資産の取得から除却の管理、現物管理、会計・税務関連の計算など、固定資産の管理に必要な機能を網羅した固定資産システムです。
建設仮勘定管理やリース資産管理、棚卸し賃貸借用契約管理に対応したソリューションも別途で提供されています。
豊富な機能と使いやすさが特徴で、1つの資産に対して複数の償却関連情報が設定できる複数帳簿機能や、多様な償却計算機能、償却方法や耐用年数、遊休の一括変更処理機能など、管理業務効率化やミスの防止に役立つ機能が揃っています。
海外各国の税務に合わせた償却計算機能、国外のグループ会社との資産台帳の統一化など、海外を含めた複数の会社にも対応できるソリューションを提供してくれます。

【特徴】
・必要に応じた機能を組み合わせ可能
・一つの資産に複数帳簿設定可能
・機能別に購入可能
・海外各国の税務に合わせた償却計算機能

料金
詳細はお問い合わせ

出典:ProPlus固定資産システム HP



Plaza-i固定資産システム

Plaza-i固定資産システムは上場企業や大手会計事務所、金融機関等で20年以上にわたって利用されてきた法改正に強い固定資産管理システムです。
1つの固定資産に対して、経理用と税務用とで耐用年数や償却方法を変更可能。
会計上は早めの償却を行っている上場企業、親会社は残存価額ゼロで償却を行っている外資系企業といった、各社の事情に寄り添うことができる柔軟さが魅力です。
用途に合わせて様々な機能を持つ「モジュール」を追加できるため、販売管理や一般会計など自由にカスタマイズできる点も特徴です。
固定資産の登録・管理、資産台帳の作成といった基本的な機能に加えて、建設仮勘定登録、シミュレーション償却計算、リース会計、IFRS会計など、あらゆる要望に応える機能が搭載されています。
セキュリティの高いデータベースを利用した固定資産管理システムを比較的低コストで利用したい企業様にオススメです。

【特徴】
・建仮、固定資産、リース資産を抱える、上場企業、中堅企業に最適
・法改正に素早く対応
・豊富な管理コードや配賦機能で管理会計もカバー
・資産の種類に合わせた多彩な機能

料金
詳細はお問い合わせ

出典:Plaza-i固定資産システム HP



PCA固定資産DXクラウド

基幹業務クラウドサービスPCAシリーズの固定資産管理ソフト。
資産の管理から申告まで幅広く資産管理の業務が行える固定資産管理システムです。固定資産管理の業務に役立つ様々な機能があります。
台帳に出力する項目を自由に設定することができるので、減価償却費の把握やリース資産の開始日、終了日など様々な方法でチェックシートを使うことができます。
また、中小企業向けで、クラウド・サブスク・オンプレから利用方法を選択できます。
リース資産管理が充実しており、10年後までのリース料確認や資産ごとのリース債務確認、役所を指定した償却資産台帳の出力、遊休資産の複数登録といった細かな部分まで手が届く機能がそろっています。
さらに制度改正への迅速な対応、電話やメールでのサポートサービス、バックアップ・リカバリ機能など、安心して利用するための環境・サービスも整っています。
業務処理を忘れないための通知機能が搭載。その他、PCA会計以外の会計システムとも連携が可能です。

【特徴】
・管理したい項目の自由追加が可能
・償却資産税の電子申告に対応
・他社会計ソフトと連動可能
・台帳の出力自由度の高さ

出典:PCA固定資産DXクラウド HP



総合資産管理サービスA.S.P. Neo3.0

総合資産管理サービスA.S.P. Neo3.は国際財務報告基準(IFRS)に完全対応した、固定資産管理システム。
大手企業や金融機関を含め、約1,600社で導入されているクラウド型の固定資産管理システム。
資産をweb上で一元管理し、複雑な税務会計ルールにも対応可能です。また、導入に必要なのはインターネットに接続できるパソコンのみなので、簡単に導入ができます。
税制や会計制度、法制度改正に伴うシステム改修は無償で行われ、メンテナンスの負担なし。データは金融機関品質のデータセンターで保存されており、セキュアな環境が整っていることも魅力です。
固定資産の取得から異動、廃棄・売却までのプロセスや、会計・税務処理を一元管理することができ、一般的な減価償却費計算方法に加え、増加償却や特別償却などにも対応。
減価償却計算のほかにも、リース資産管理や建設仮勘定も標準搭載しています。

【特徴】
・様々な税務会計運用に標準機能できめ細かく対応
・金融機関グループならではの万全のセキュリティ
・制度改正などのメンテナンスは原則不要
・初心者でも簡単導入

料金
詳細はお問い合わせ

出典:総合資産管理サービスA.S.P. Neo3.0 HP



会計指南

会計指南は多彩な機能と内部統制支援によって、戦略的な企業会計が行える会計システムです。
一般会計のサブシステムの一つとして固定資産管理システムが用意されています。
また、固定資産管理に加えて、総合償却、減損会計、償却資産管理、申告、資産除去債務の機能が一つに入っています。
帳票を自由に設計したり、組織横断的な管理も可能なので、業務の効率化を図ることができます。

【特徴】
・業務の効率化のための機能が豊富
・会計機能で分析や予算管理が可能
・便利なサブシステム

料金
詳細はお問い合わせ

出典:会計指南 HP



弥生会計シリーズ

弥生シリーズと弥生オンラインは弥生株式会社が提供する固定資産管理の機能を搭載した会計ソフトです。会計ソフトの一部として固定資産の登録機能があります。
毎年の減価償却費を自動計算させることが可能で、最大15か月間のあんしん保守サポートがあります。
固定資産管理機能の他にも様々な用途に合わせてパッケージを購入できます。

【特徴】
・業務に必要な機能だけ購入可能
・困った時はサポートがあり
・専門知識不要

料金
詳細はお問い合わせ

出典:弥生会計シリーズ HP



Convi.BASE

株式会社ネットレックスの提供するConvi.BASE(コンビベース)は企業が保有しているクラウド台帳サービスです。
あらゆる物品を管理でき、ICタグ・バーコードで棚卸し工数を1/3~1/10削減することができるので大幅に業務効率を上げる事ができます。

【特徴】
・ICタグ・バーコードで固定資産の棚卸し、貸出し、入出庫が可能
・他の会計システムとデータ連携可能
・棚卸し工数を1/3~1/10削減可能
・貸出業務も簡単管理

料金
55000円〜

出典:Convi.BASE HP



マネーフォワード クラウド固定資産

「マネーフォワード クラウド」シリーズの固定資産管理システム。
経理担当者だけではなく、総務やIT部門、営業所や工場の現場職員まで固定資産管理業務に関わるすべての人の業務効率化をサポートしてくれます。コメント機能がついており、部署間のやり取りが可能です。
固定資産の取得や異動登録などの管理、減価償却費の自動計算など、会計担当の業務を効率化する機能を網羅しています。
更に、固定資産情報に写真や図面、設置場所といった情報を紐付けて見える化できるので、固定資産管理に関わる会計・税務・総務・情シス担当すべての業務効率化を実現できます。
日本基準・IFRS基準に対応しているのでグローバル展開をしている企業におすすめです。

【特徴】
・複数台帳管理で日本基準とIFRSどちらにも対応できる
・クラウドサービスで資産の見える化を実現
・会計・税務・業務担当者など関わる部署全員が管理しやすい

出典:マネーフォワード クラウド固定資産 HP



HUE Asset

2,000社以上で導入されている大手企業向けの固定資産管理システム。
大手企業の複雑な運用に対応しながらも、リース資産の管理や建設仮勘定に標準対応しているほか、棚卸実査結果の台帳反映や減損の兆候判定など、資産に関連する情報をオールインワンでサポートしています。
経理部向けのプロユース機能に加えて、各現場で作成した紙やExcelの報告書をペーパーレス化するなど、現場向けの機能も用意。シンプルで使いやすいインターフェイスなので、多くの現場で活用できます。
制度改正への対応や新機能追加といったバージョンアップも無償で受けられるので、安心して使い続けられるのも嬉しい一面です。

出典:HUE Asset HP



Assetment Neo

Assetment Neoは様々な機能から必要なものを組み合わせて利用することができる社内資産の統合管理ソフトです。
また、ソフトをどのように使えば良いかなどの業務支援も行ってもらえるのでこのようなソフトを扱ったことがない人でも安心です。

【特徴】
・減価償却計算ではなく、固定資産の実査に特化した豊富な棚卸機能
・バーコードやRFIDを活用した棚卸で、作業負担を1/5に削減
・固定資産管理システムと連携し、正確な資産管理を実現
・ソフト導入後もサポートが充実
・高いカスタマイズ性
・プランが充実

料金
Light 40000円
Standard 60000円

出典:Assetment Neo HP



JDL IBEX会計net

JDL IBEX会計netは高度な経理処理が行うことができる固定資産管理システムです。
豊富な財務帳表と部門管理や固定資産管理が搭載されており、また、ネット会計により、部署間や本支店間でスムーズな情報共有が可能です。

【特徴】
・高度な経理処理
・データ連携による作業の効率化
・スムーズな情報共有

料金
月額2480円~

出典:JDL IBEX会計net HP



まとめ

固定資産は増えると共に業務負担は増えていくなかで、 業務負荷を減らし、管理効率を上げるうえで固定資産管理システムは強い味方です。
システムの導入することで、固定資産の情報を管理でき、減価償却を自動で計算したりすることができます。
しかし、固定資産管理システムによって機能性は異なるため、要望に合ったシステムを選ぶためには、自社の基準をもとにリサーチしましょう。




日付: 2023/09/22
『電子帳簿保存法 改正の解説と対策ガイド』 資料ダウンロード

VALTECノートパソコン

VALTEC MOTシリーズ

MOTシリーズまとめて資料請求

法人PCソリューション

法人PCキッティング・保守サポートサービスへ