ブログ

セルフエステサロンの開業費用は?内訳と低価格で無人営業を実現するシステム

セルフエステサロンの開業費用は?内訳と低価格で無人営業を実現するシステム

ユーザー自身が施術を行う「セルフエステサロン」。利益率の高さや特別な資格が必要ないことから、新規参入者が増加しています。当記事では、セルフエステサロンを開業する際の費用と内訳、費用を抑えつつ無人営業を実現するシステムをご紹介します。

コンテンツの目次
  1. 開業費用・内訳
  2. セルフエステサロンの利益率
  3. 費用を抑える方法
  4. 低価格で無人運営を実現するシステム

1. 開業費用・内訳

初期費用・ランニングコストの内訳

セルフエステの開業費用の目安は500~1,000万円ほど。フランチャイズに加盟する場合は、さらに300万円程度かかるといわれています。

初期費用の内訳

物件取得費:120〜240万円(家賃20万円の場合)

物件取得費とは、物件を借りる際にかかる敷金・礼金・保証金のことです。物件の立地や広さ、階数や居抜き物件かどうかなど、様々な条件により金額は異なります。

開業目的の賃貸契約では、賃貸保証金を支払う必要があります。家賃未払い時や物件退去時の原状回復に充てられる費用であり、契約時に賃料の6か月~1年分程度を支払います。

内装費:300万(坪単価20~30万円の場合)

サロンの内装工事にかかる費用です。使用する部材や施工方法、現状の設備などの条件により変動します。坪単価20~30万円程度が一般的ですが、空調工事などが不要な居抜き物件であれば、坪単価10万円台での施工が可能なケースも。

設備機器費:300万円

サロン選びの決め手にもなるエステ機器。最新機器・性能の良いマシンの導入には費用がかかるものの、利用者が最も重視するポイントであるため妥協は許されません。
金額はマシンの種類や台数により異なりますが、100~300万円程度かかると言われています。

研修費:30~50万円

スタッフの教育を行うための費用です。セルフエステサロンで働く場合、特別な資格や技術は必要ありません。そのため、研修費は低額でも十分にカバーすることができます。

諸経費:50万円~100万円

サロンの開業が近づくと、タオル・シーツなど備品や管理用のパソコンなど細々とした出費が増加。サロンの種類や広さにより備品の種類や数は異なるものの、以下のような出費が予想されます。

・施術用のベッドやイス・家具:30〜100万円
・タオルやシーツなどの備品:10~20万円
・レジやパソコン:10〜30万円
・電化製品:0〜30万円

加盟金:300万円(※フランチャイズに加盟する場合)

フランチャイズに加入すると、本部のブランド力や確立されたサービスを使用することができます。仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスで必要な要素をパッケージ化することで、未経験者でも利益を出せるよう構築された仕組みを活用できるのです。

その対価として、加盟者は登録料や著作権使用料を含む加盟金を支払います。金額は本部により異なりますが、300万円程度が目安とされています。

保証金:0~10万円(※フランチャイズに加盟する場合)

本部へ支払う保証金には、ロイヤリティ(売上のうち決められた数%を本部に支払うこと)の未払いを担保する役割があります。違約金や債務不履行などトラブルがなければ、ほとんどの場合、契約解消時に返還されます。

金額は10万円~150万円と本部により大きく異なりますが、なかには加盟金・保証金を無料にすることで新規参入を後押しする本部も。選定時には複数のフランチャイズを比較検討することが重要です。

ランニングコストの内訳

人件費:65万円

セルフエステでは利用者自ら施術を行うため、特別な資格を持ったスタッフを雇う必要はありません。しかし、多くのサロンでは、初めて訪れた会員への案内や機器の使い方の説明、トラブル発生時の対応のためにスタッフを待機させています。

広告宣伝費:15万円

チラシの配布やWEB広告の掲載により、集客するための費用です。フランチャイズ本部によっては集客活動をサポートしてくれるケースもあります。

システム利用料:5万円

予約管理やスマートロックなど、システムを利用する際の使用料です。24時間運営を行っているサロンでは無人運営の時間もあるため、若年層や女性も安心して通うことができるセキュリティ対策・システム活用が重要です。

ロイヤリティ(5%、フランチャイズにより異なる):14万円

フランチャイズに加入する場合、月の売上の数%を本部に支払います。5%程度が一般的ではありますが、なかには加盟金・保証金同様0円にすることでオーナーが事業を始める後押しをしている本部もあります。開業費用を抑えたいという人は、こうしたフランチャイズ本部を選択することで費用を抑えつつ開業することが可能です。

この他に、家賃:40万円、光熱費:3万円、通信費:2万円、保守費:4万円、消耗品費4万円程度が加算されます。

2. セルフエステサロンの利益率

セルフエステサロンの利益率は高い

セルフエステサロンでは会員一人当たりの利用料金は安いものの、サブスクリプション方式で安定した収益をあげられることから利益率は高いと言われています。

契約者数と利用者数は必ずしも同じでないため、利用者が少なくメンテナンスが必要ない時にも一定の売上をあげることが可能です。また、人件費が抑えられること、マシンのメンテナンス費用もそれほど高額にならないことも利益率が高い一因です。

収益モデルケース

以下は、あるフランチャイズ本部が出しているひと月の収益モデルです。

例)エステマシンを7台程度設置している場合
売上:約300万円
経費他:約150万円
収益:約150万円

利益率が約50%と非常に高いことが分かります。他にも多数のフランチャイズ本部が公開している収益モデルを参考に、考えている事業スケールでの収益モデルを作成してみましょう。

3. 開業費用を抑える方法

開業費用を抑えるためには、以下のような方法をとることができます。
こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。 →「サロンの開業費用を抑える方法。省コストで業務改善を実現するシステム」

・開業場所を見直し賃料削減
・設備や備品を安く入手する
・自動化・無人化を優先し人件費削減
・独立支援のサービスを利用する
・補助金・助成金制度を利用する

また、フランチャイズに加入する場合、マシンが故障した場合の対応について事前に確認しておきましょう。セルフエステサロンではマシンの状態や動作台数が売上を大きく左右するため、本部との連携や復旧までの期間を把握しておく必要があります。本部により対応は異なるため、本部を選ぶ段階で十分な比較検討を行いましょう。

4. 低価格で無人営業を実現するシステム

「人に会わずに施術ができる」「24時間いつでも施術可能」といった柔軟性を売りにしているセルフエステサロンでは、人件費を抑えつつ安全に24時間営業を実現するシステムが必要です。

スマホ1台で完結する予約・解錠システム

弊社が提供する施設予約システムでは、スマートフォン1台で施設の予約~解錠までを行うことが可能です。手動で受付や入退室の管理をする必要がなくなり、無人施設でも安全に運営することができます。



特長① 会員はスマートフォンアプリでエントランス解錠が可能
ウェブサイトからサロン内の個室・ブースの予約を登録。入室時にはQRコードで解錠を行うため、予約者以外が入室することはできません。若年層の利用が多く、安全性が重要なサロン運営に適した設計です。

特長② カードや鍵は不要、紛失のリスクや発行費用を削減
予約~解錠までスマートフォンで完結、会員ごとの利用制限も行えるため、会員カードや鍵は一切必要ありません。紛失のリスクを減らすだけでなく、利用者が持つ鍵を管理する手間を省いたり、お試しでサロンを利用したいユーザーが気軽に利用できたりといった効果があります。
→店舗無人化システムについて詳しく知りたい方はこちら

4. 参考サイト

・株式会社 サムライ・アドウェイズ「フランチャイズでセルフエステを開業する場合の初期費用やランニングコストは?」
・株式会社じげん「フランチャイズとは? 初心者でも5分で分かるフランチャイズの意味と仕組み」
・全研本社株式会社「開業費用」
・株式会社M&Aオークション「【店舗の保証金・敷金】相場はどれくらい?あとで返還される?」
・株式会社ローカルワークス「エステサロン開業・内装(リフォーム)工事の費用相場と実際の事例を紹介」
・株式会社 CIN GROUP「エステサロンを開業するための資金はいくら?融資や助成金の活用法も紹介」


店舗無人化システムの詳細はこちら
WEB商談・資料請求・お問合せはこちら


日付: 2021/12/13
『電子帳簿保存法 改正の解説と対策ガイド』 資料ダウンロード